キャッシングとカードローンの違いは?

キャッシングとカードローンのことを同じだと思っている人は多いです。
少し前まではキャッシングは借りたお金を次月で一括返済する事を指していました。
反面カードローンは分割で返す方法のことを言っていました。

しかしキャッシングで一括返済できない人が増えて、
分割やリボ払いの要望が多く寄せられたため
今では境目が曖昧になっています。

今ではキャッシングはカードを介しない借金のことを指すようになり、
カードローンはATM等でお金を借りることを指すようになりました。

キャッシングは電話やインターネットで申し込むと、
指定した口座に振り込まれるため、カードが無くても借金が出来ます。
カードを持っていないと家族に気付かれにくいため借金が露呈せず、
本人には都合がよいですが、借金を隠されている家族には不評です。

カードローンの便利なところは、
金融機関だけではなくコンビニATMでも借り入れや返済が簡単に出来るところです。
コンビニなら借金を返済に行く目的ではなく立ち寄れるので、
日頃の生活の延長として借り入れや返済の手続きが出来ます。

便利さが高まった分、簡単に借り入れしてしまいたくなりますが、
返済はしなくてはならないので、
ご利用は計画的に行うことが大事です。

大きい金額を借りるときはキャッシングで、
日常的に少しお金が足りない場合はカードローンを使うと、
返済計画も立てやすいでしょう。
両者は金利もさほど変わりません。
上手に使いわけをして充実したマネーライフを送りたいですね。

急にお金が必要になった時には。

結婚して家族が増えて真面目に働いていて、
浮気とかには全く縁がなく興味も無いけれど、
大人の事情でお金が急に必要になることはあります。

正直に家族に話しても用立ててもらえないお金の使い道って
何だと思いますか?

まず親や兄弟から仕送りを頼まれた時は配偶者に言い出しにくいですね。
言っても良いけれどアドバンテージを握られるのが嫌だとか、
最悪ケンカになることも予想できます。

その他には職場の女性のお祝い事でみんなでお祝いを包むことになったなども、
配偶者には言いづらいです。
小遣いから出しなさいと言われそうですね。
しかし限られた小遣いの中でお祝いまでやりくりするのは大変です。

他にも急な飲み会で会費を集金されそうとか、
思いも寄らない出費が嵩むのが人生です。

自分だけが自由に使えるお金があると便利ですね。

そんな時はキャッシングで急場を凌ぎましょう。

小遣いで返せる範囲なら家族に露呈しなくて済みます。
すぐに返済できるなら無料金利期間が設けられている消費者金融も有り大変便利です。

返済もネットバンクやコンビニのATMで24時間受付をしてくれて、
明細はネットで確認が出来るので郵便物も自宅に届きません。

まず申し込みもネットで行ってその場で審査が始まります。
本人確認書類も携帯やスマートフォンで写真を撮って、
メール添付して送信するので早くて手間がかかりません。

メールでやりとりすると不備があった場合も迅速に対応が出来ます。

早ければ即日お金が借りられるので便利ですね。

お金を借りるときに金利以外に気をつけることは?

お金を借りるときは金利がどの程度か気になります。
今では18%を越えるところはありませんが、
それでも教育ローンなどと比べるとかなり高い金利です。
しかし金利が高い分、保証人や担保が要らないので借りやすく便利です。

金利以外にチェックしておきたいポイントは、
審査に時間がかからないか確認することです。
お金が必要なときは緊急時なので、
悠長に審査を待っていられない状況です。

さらに金融機関が休みの土日にも、
審査をしてくれるところなら安心です。
年末年始や休日こそお金が必要なシーンが増えるので助かりますね。

他には無利息期間のキャンペーンがあると借りやすく返しやすいので、
消費者金融の初心者でも安心して借りられます。
また初めての人にも判りやすい手続きの仕方をサイトで誘導したり、
無人契約機で説明が解りやすいことも大きなポイントになります。

ある程度の入力をネットで行って大凡の借入額を決めて、
審査に時間がかからない工夫をしておくと万全です。

またクチコミの評価にも注目しましょう。
消費者は正直な意見をネットで書いています。
手続きが楽だった。親切に誘導してもらえたなど、
良い評価が多い消費者金融なら安心です。

また返済に関してもコンビニで24時間返済できたり、
返済シミュレーションを導き出してくれる会社は親切です。
「ご利用は計画的に」までサポートしてくれて、
本当の意味でのサポートと言えるでしょう。

貸しっぱなしで返せなくなるまで貸し付けるのは古い時代の消費者金融です。
時代の流れで消費者金融は昔より身近な存在になっているのかもしれません。

お金を借りたら適切な返済計画を立てましょう。

キャッシングは一昔より簡単に借りられるようになっています。
担保を設定したり保証人を立てることがネックで
お金を借りるのを諦める人も多かったでしょう。
しかし現在では誰にも会わないでネットで審査が出来て、
無人契約機で身分証明書を提示するとお金を借りられます。
誰かに頭を下げて必死に汗をかいてお金を借りる時代ではなくなりました。

テレビでは消費者金融からお金を借りて、
欲しい物を買うのが当たり前のように宣伝しています。
しかし忘れてはならないのが、
お金を借りていたら返さないといけないということです。
リボで返済するとうに設定していると毎月の支払額が変わりません。、
さらにキャッシングの利用可能額の範囲では再度借り入れが出来るので、
感覚が麻痺してしまいがちです。
そのため借金がいつまでたっても減らず、
分割払いにした場合より合計した返済額が増えています。
リボ返済を数社抱えると返済しきれなくなることは火を見るよりも明らかです。

こうなると借りられる金額を毎月計算している状態になります。
自転車操業になってしまっています。
こうなる前に毎月返済できる金額を考えながら借り入れをしていきましょう。
あくまで消費者金融からお金を借りるのは急場しのぎと考えてください。
金利が高いので、金利が安い金融商品を契約するまでの資金のつなぎにするとか、
急用でお金が必要になったけれどキャッシュカードが使える時間ではなかったなど、
本当に困ったときのおたすけに取っておくことが望ましいです。

収入証明書が無くても本当に借りられる?

お金を借りる手続きは、色々な書類を用意して、
手続きが大変だというイメージがあります。
身分証明書を筆頭に収入証明書などは
職場へ依頼しなければなりません。

お金がない状態の時は出来るだけ早く
融資をしてもらいたい状態なので、
悠長に手続きをしてられないと思うこともあるでしょう。

書類を準備していて手間取って配偶者に見つかったら、
借りる計画がおじゃんになったりして
資金計画が悪化します。

何とかして書類を作成する手間を省けないでしょうか。

そこで書類が必要ないキャッシング方法があります。

そのコツは出来るだけ融資してもらう金額を少なくすることです。
消費者金融の法律では50万円以上の借り入れには
必ず収入の証明をする書類が必要です。

ということは50万円以下だと収入証明の必要が無い場合が多いと言えます。
消費者金融によって扱いが変わるので気軽に確認してみましょう。

他には銀行系の貸金会社を選ぶと
審査基準が違うので収入証明が要らない場合があります。
銀行系は銀行法に則って貸金業を行っているので、
審査の対象となる金額も変わってくるのです。
おおむね100万円までは収入の証明が必要ないところが多いです。
消費者金融にはつきものの総量規制も関係がないので、
他で借りられない人も相談してみる価値はあります。

場合によっては条件を満たすと100万円以上でも
収入証明が必要ない場合もあり、
消費者金融より融通が利くイメージです。

銀行系のキャッシング申し込みはネットで簡単にできるので
自分に合ったキャッシング方法を検討してみましょう。

学生にも金融の学習が必要

高校で勉強して、さらに塾へ通って、
晴れて大学生になって一人暮らしが始まると、
自分で金銭管理もしなくてはなりません。

いままで親がやってくれていた事なので
自分でも簡単にできると思いがちですが
意外な基礎知識が漏れていたりします。

先日、銀行の窓口で学生らしき男の子と行員が押し問答していました。
学生は証明証を持っているのに…とか言って少し怒っている様子です。

次の瞬間、行員は噛んで含めるように
「印鑑と通帳が一致しないと現金は引き出せません」
と説明していていて耳を疑いました。
今時小学生でも知っていそうな知識なのに知らなかったみたいです。

学生は○○大学の学生証があるから本人確認は出来ているのに、
なぜ引き出せないのかとまだ納得がいかない様子です。

○○大学はこの地域でも知られたレベルの高い国立大学なのに、
初歩的なことも知らないのなら、
これから前途多難だと人ごとながら心配しました。

このような無知な人がお金を軽い気持ちで借りると大変なことになるので、
金融関係の学習は必須だと痛感しました。

もし悪意ある人が彼に近づいて言葉巧みに通帳を作らせたら、
振り込め詐欺の片棒を担がされてしまいます。

そうでなくてもお金を借りることで
どのような審査がされ、判断を下されるかなど
ある程度は知っておかないと危険です。

学生ならもちろん、バイトしてないとお金は借りれませんが、保証人などをたてれば、

キャッシング 勤務先 連絡なしで借りることができます。

学校では教えてくれないので、
保護者が教えないといけないのは当たり前ですが、
ネットが普及しているこの時代に自分で学習する気概も持ってもらいたいです。

カードローンの詳しい話

Web契約というのはわかりやすくて使い勝手がいいものではありますが、やはりキャッシングによる融資の申込は間違いなくお金が絡んでくるので、内 容にもし記入漏れとか記入誤りなどがあった場合、必ず通過しなければならない審査の規定で通らない可能性についても0%ではないのです。

収入証明不要 カードローン だと安心ですよね。
時間をおかずに多数の金融機関に新規でキャッシングの申込が判明した際は、やけくそで資金繰りにあちこちで借金の申込をしているかのような悪い印象をもたれてしまうので、大切な審査を受けるときにかなり悪い方に働いてしまいます。
新しくカードローンを申し込むのであれば当たり前ですが審査を受けなければなりません。どんな時でも審査に通過できない場合は、そのカードローン会社が実行する便利な即日融資の実行はできなくなるというわけです。
今日までに返済に関する何らかのトラブルを発生させた方は新規申込でキャッシング審査を行って合格していただくことはもうできないのです。つまりは、今だけじゃなくて今までについても評価が優れたものでなければ認められないのです。
借りるということになったのであれば可能な限り少額にして、なるべく短い期間内で完済し終えることが最も大切なことです。お手軽に利用できますがカードローンでお金を借りているわけですから、返済不能になることがないように失敗しない計画をたてて利用しましょう。

同じ会社の商品であってもネットキャッシングしたものだけ無利息でのキャッシングで対応をしてくれる業者も存在するのでいろいろ検討する際には、その申込の方法に間違いがないかについても忘れずに注意していただく必要があるのです。